ネイルの学び方

ネイルを学ぶ方法には、主に3つ挙げることができます。
1つ目は、ネイルスクールに通うこと。ネイルスクールには通学制と通信制があります。
通信制でもスクーリングがあれば、講師による直接指導を受けられる機会があります。
2つ目は、働きながら学ぶこと。

サロンで働けば自然に知識や技術は身に付きますし、経験豊富な先輩から教えて貰うこともできます。
ただそのサロンで働くためには、何の知識や資格もない状態では少し難しいという面もあります。

3つ目は、独学で学ぶこと。
独学はスクールと比較をして、費用を大幅に抑えることができます。
しかし直接指導を受けられない分、知識はまだしも技術面に不安が残ります。
ここではこの内の、スクールに通うメリットについてご紹介をします。

画像出典元:http://xn--eck8a2d0fl0b7802fvlra.com/

就職・転職時にアピールできる

ネイルサロンはネイルに関して全くの素人よりも、ある程度の知識や技術を持っている人を求める傾向にあります。
そのためネイルスクールを卒業しているということは、ネイルサロンの面接を受けるにあたり大きなアピールとなります。

ネイリストには独立やフリーランスとして働くという道もありますが、そのような働き方をしている人の多くはネイルサロンで経験を積んでいます。
どういう形であれネイリストになりたいのなら、スクールで学んでおいて損することはありません。

直接指導を受けられる

ネイルスクールに通うことで、プロのネイリストからの直接指導を受けることができます。
特に技術面のことはやはり近くで実践をして貰った方がわかりやすく、理解も深まります。
また何かわからないことがあってもその場で聞くことができるので、不明な点を放置してしまうこともありません。

画像出典元:https://www.nail-school.net/

検定対策を学べる

ネイリストへの登竜門とも言われている、ネイルサロン技能検定試験。
また近年ではジェルネイルが主流となっているため、JNAジェルネイル検定試験も人気を呼んでいます。
ネイルスクールでは、それらの検定の傾向や対策を学ぶことができるため、合格への近道と言えるでしょう。

ネイリストを目指す仲間ができる

スクールに通うことで、ネイリストを志している仲間を作ることができます。
出会う人によっては、もしかしたらこれが最も大きなメリットになるのかもしれません。

デメリットは?

メリットの多いネイルスクールですが、デメリットを挙げるとするならば授業料が挙げられます。
とは言ってもその料金はピンキリですので、キャンペーンも活用して予算に合ったスクール選びを行いましょう。