転職成功の秘訣は適正の有無

誰もが就職・転職の際に避けたいのは、仕事が嫌になってすぐに辞めてしまうこと。
長く仕事を続けるためにも、適正の有無をないがしろにするわけにはいきません。
果たしてネイリストという仕事は、どんな人に向いているのでしょうか?

ネイルが好きである

好きであるというのは、立派な適正の1つ。
足繁くネイルサロンに通っていたり、自らデザインをしているという人はそれだけでネイリストに向いていると言えます。

好きなことを仕事としていると情熱を一段と持てるようになり、技術の向上や知識の吸収のスピードも早くなります。
好きこそ物の上手なれ。
ネイルが好きな人は、自信を持ちましょう。

コミュニケーションに長けている

近年はコミュニケーション能力、略してコミュ力の重要性が強調されることが多くあります。
この仕事も接客業なわけですから、コミュニケーションには長けているに越したことはありません。

また利用客のほとんどは女性となりますので、特に女性との会話に自信がある人には向いています。
話が弾めば気に入られますし、このネイリストさんじゃないと…というお客様が増えればお店にとって手離せない人材となります。

手先が器用である

ネイリストの仕事は細かい作業の連続です。
そのため、手先が器用な人ほど向いている仕事です。

ただ器用ではなくとも経験でカバーをすることができますので、不器用だと自覚をしている人でも練習次第でネイリストとして働くことは可能です。
反対に器用だからと言って研鑽を怠っていては、他のネイリストに追い越されてしまうこともあります。

流行に敏感である

これもコミュニケーションに関係をすることですが、トレンドを掴んでおくことも接客時に役立ちます。
最新の人気ドラマ、芸能ニュース、美容の話題…。
若い女性を相手にすることが多い仕事ですから、必然的にこうした流行に乗った話題を持ち出されることが増えます。

いくらコミュニケーション、人付き合いに自信があると言っても知識がなくてはそうそう合わせることはできません。
流行の情報を取り入れることによって、接客面をより強化することができます。
元々こうした話題を積極的に仕入れているという人には、適正があると言えるでしょう。

好きを仕事に

この仕事に向いている人には、こうした特徴が挙げられます。特に大きいのが、ネイルが好きであるということ。
好きならば、多少困難なことがあっても乗り越えることができます。
「性格的に接客業はちょっと…」「技術にあまり自信が…」という人も、ネイルが好きなら少しずつステップアップができるはず。

好きなことを仕事にしたいという気持ちがあるならば、この業界に飛び込むことを検討してみてはいかがでしょうか。
ネイルスクールには、そんなネイル好きの人が集まっています。