ネイリストにネイルスクールの卒業は必須?

オシャレなイメージがあり、憧れている人も多いネイリスト。
そんなネイリストになるために、ネイルスクールを卒業することは必須ではありません。
たとえスクールで学んだ経験がなくてもネイリストになることはできますし、また資格も取ることも可能です。

独学のメリット

独学のメリットは、まずスクール代が要らない点にあります。
スクールによっても異なりますが、通学制のネイルスクールを選んだ場合は20~100万程度の授業料が必要になります。
たとえ社会人として働いており、ある程度の蓄えがあったとしても決して安い金額ではありません。

現在、あまりお金がないという人にとっては独学を選ぶ理由は十分にあると言えます。
またその他にも、好きな時間に勉強ができるという点もメリットです。
スクール、特に通学制の場合は授業時間が決められており、普段の生活もそれに合わせなければなりません。

社会人にとっては、仕事終わりや休日にわざわざスクールに通わなければいけないというのは負担になりますが、その点独学なら移動をする手間もありませんし、好きな時に勉強をすることができます。

疲れきっている時に、無理をして授業に出る必要はありません。
ただ自由であるが故についついサボってしまうこともありますので、メリハリを付けることが大切です。

独学で検定試験に合格することはできる?

ネイリスト技能検定には参考書が発売されていますので、それを使って勉強をすれば合格をすることは可能です。
特に筆記の方は、しっかりと覚えれば合格点に届くことができるでしょう。
ただ実技の方は筆記よりも難しく、スクールのように講師に直接教わっているわけではありませんので不安も残ります。

資格のため独学で学ぼうかスクールに通おうか迷っている人は、まずは参考書を買うなどして難易度を確認してから決めるのも1つの方法です。

資格の有無はネイリストに影響する?

資格の有無は、ネイリストとしての信用性やサロンによっては給料にも影響します。
面接でも有利になることは間違いありません。
ただ資格がなくてもネイリストになることはできますし、もっと言えば知識や技術がない人材でも募集しているサロンもあります。

ただその場合は、経験を積むために下働きの期間が長くなる可能性もあります。
資格が無くてもネイリストになることはできますが、選択肢を広げるためにも、あるに越したことはありません。