ネイルスクールで学べること

ネイリストになるためのさまざまな技術や知識を学習できる、ネイルスクール。
スクール出身でなければ必ずしもネイリストになれないというわけではありませんが、即戦力を求めているサロンにとってそうした人材はやはり魅力的です。
ここでは、そんなネイルスクールで学べるネイルの種類についてご紹介をします。

ジェルネイル

ジェルネイルのジェルは、合成樹脂で作られた薬品で、ソフトとハードがあります。
ソフトジェルは強度はハードに劣りますが溶剤で落ちるので爪を傷めにくく、ハードは強度には秀でているものの削って落とすので爪まで削ってしまうことがあります。

そのため、ネイル初心者にはソフトジェルがよく選ばれています。
ジェルネイルは現在のネイルサロンでは主要な方法となっており、そのためネイリストになるのなら何としても習得をしておきたい技術です。
ネイリストになってからも身に付けられるとはいえ、ある程度はスクールで学んでいて欲しいというのが多くのサロンの本音と言えるでしょう。

画像出典元:https://itnail.jp/articles/Ik3jx

スカルプチュア

スカルプチュアは、人工爪と用いた方法です。
両面テープで貼れる付け爪と違い、ネイルサロンにおけるスカルプチェアではお客様の爪を削り、1本1本の指にフィットするように造形を行います。

人工爪な分アートが行いやすいというメリットもありますが、ケアが大変なこともあり近年ではジェルネイルのシェアに押されています。
それでも根強い人気があることに違いはなく、ほとんどのスクールでスカルプチュアの授業も行われています。

画像出典元:http://www.ah-nail.jp/fan_contents_08.html

ポリッシュ

ポリッシュは、マニキュアのことを指します。
ネイルサロンでもメニューに取り入れている所は多く、お客様にとっては他の種類よりも料金が安いというメリットがあります。
ネイルスクールには、そのカラーリングやケアの方法を学べる所も多く存在しています。

将来プランに合ったスクール選びをしよう

ネイルスクールでは、このようなネイルの種類を学ぶことができます。
もちろんこうした種類だけではなくもっと基礎的な部分も教わりますし、また経営者向けのコースを用意している学校もあります。

カリキュラムはスクールごと、コースごとに異なりますので、スクール選びの際はまずはその点の比較から始めましょう。
自分の将来プランに合ったスクールで学ぶことができれば、理想的なネイリストになることは夢ではありません。